東京30k


3週間以上前の話になるけど、1月27日(土)に開催された東京30kのレポ。一応記録として残しておこうかな、と。

東京30kは、3年か4年ほど連続で参加している30キロのレース、というより練習会のような大会。毎年いわきサンシャインマラソンの2週間前なので、いわきのペース設定を決めるのと、30kペース走として利用している。

前の日、仕事がトラブって帰りが遅くビール飲んで寝たのが深夜1時。ん?なんでビール飲んじゃったんだろう。たるんでるな。

と言うわけで睡眠時間5時間、前日ビール350mlx2というコンディションで臨むことになった。

このレースはウェーブスタート。サブスリーペースのブロックは9:30スタート。その後のブロックは2分ずつ遅らせてのスタートとなる。サブスリーペースのブロックは50人くらいだったかな?

それと東京30kで特徴的なのがゼッケンに「Next Challenge 〜マラソン」といった感じで各々次走のレース名を入れられること。もちろん僕はいわきサンシャイン。

いわきサンシャインは2、3人見かけたかな。意外と東京マラソンが多い。よく考えたらなかなか当たらないだけで走る人数は多いから当然か。

ペース設定はキロ4。あわよくば2時間切り。よーいドン!

スタート後少し混雑。うーん、なかなかバラけない。なんのことはないサブスリーペースの集団に居たからでした。右側からペーサーをパスして無事キロ4ペースへ。

この日は風が強く。追い風ではキロ355前後のペース。向かい風ではキロ405前後のペース。26キロまでは平均でキロ4ペースを維持。その後、ふくらはぎがピクピクと痙攣を始めた。

ラスト5kmは向かい風だ。キロ410まで落ちる。ヴェイパーフライを履いたランナーに抜かれる。あのシューズには負けたくない!必死に食らいつく。はい、負けました(笑)

ラスト3kmはふくらはぎをかばいながら粘りの走り。

この写真、当日ダウンロードできた。凄いね。

向かい風のラスト5kmをキロ4で走れたら2時間切れたかも。惜しい。まあでも30kmの自己ベストなので自信にはなった。いわきサンシャインの設定ペースをキロ405に決めた瞬間でもあったのだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。