第9回いわきサンシャインマラソン2018(後編)


実はこの日はしばらく雨予報だった。それが前日になると

  • 雨はスタートの9時までに止む
  • 気温はスタート後すぐに10度まで上がる
  • 風は午後からつよくなる

という予報に変わった。

5時起床、すでに雨は止んでいる。風も強くない。当日を迎えたらなんと今年のいわきはボーナスステージだったのだ。イヤホイ!

6時半出発。ことしも好間のアルパイン駐車場Aだ。スタートブロックAは毎年ここなのかな?このアルパイン駐車場Aは母の家から一番遠い駐車場なので本当は別の所が良いのだけど。

7時半にいわき陸上競技場に到着。体育館で準備して、トイレ済ましてアップして。毎年のことなので慣れっこだ。

スタートブロックAは3時間30分以内、その前に陸連登録ブロックがある。応援naviによるとスタートラインまでに18秒、この時点で614位なので600人も前に居たんだ!今はなんでも分かるんだなぁ。

  • スタート〜5k キロ401 134位(↑480)

前に人が多く走りにくいので飛ばす。入りの1kmは423。そこからしばらく4分を切るペースで飛ばす。

  • 5km〜10km キロ405 128位(↑6)

細かなアップダウンあり。あまりペースは気にせず気持ちいいペースで沿道の応援や他のランナーを観察したり楽しみながら走る。

  • 10km〜20km キロ407 123位(↑5)

15kmでザバスピットインエナジージェルをモグモグ。その辺で吉田香織とすれ違う。このレースで唯一負けた女子だ。江名中の吹奏楽、江名港の大応援に力を貰う。少し風が吹き始めた。

  • 20km〜30km キロ415 97位(↑26)

中間地点は1°26’29。ら・ら・ミュウで子供たちとハイタッチしてテンションアップ!去年はこのハイテンションからの向かい風からの速攻ダウンという流れ。今年はどうか?!ら・ら・ミュウを抜けて道路に出る。風が無い!ここでやっぱり今年のいわきはボーナスステージであることを確信。とは言え脚が重くなってペースが落ちる。順位見ると周りが落ちたのかかなりジャンプアップしてる。ペースもキロ415は死守していたようだ。

  • 30km〜40km キロ418 73位(↑24)

30kmでザバスピットインエナジージェルをモグモグ。30km過ぎの上り坂。ここを耐えれば下りだ。この坂では毎年小学生チアが応援してくれる。今年はありがとうの声をかける余裕は無い。そう言えば30km通過タイムを確認しなかったな。30km通過はランナーズアップデートによると2°04’22。時計を気にしたのは32km地点。2°12だった。残り10kmをキロ4でいけば2時間52分かぁ、なんて考えていた。無理だけどね(笑)ただ、サブスリーは確信した。2時間55分は切れないまでも出来るだけ55分に近づける走りをしようと切り替えた。32km〜33kmは下りということもあってキロ401。結構粘れるな、なんて思いながら走ってた。ずっと前に僕を置いていったランナー達をパスし始める。そして39km地点、まさかの姉と家族による応援。「パパー!がんばれー!」いやー、力になるね、やっぱり。すぐ前走ってるランナーを抜かしちゃったりしてさ。いやー、でも続かないよね。そりゃそうだよね、もう40km近く走ってんだからさ。でもその甲斐あってこの10kmはキロ418で粘れる。感覚的にはもっと落ちてる感あったけど脚動いてたみたい。

  • 40km〜フィニッシュ キロ418 68位(↑5)

ラスト2kmは直線。遠くの方を走ってるランナーがどんどん大きくなって、追いつき追い越せる。前を行くランナーを目標に必死に走る。41kmからが長い。残り500mの看板とともにラストスパート!出来ない!無理!フィニッシュテープが見える。前にランナーがいる。先にテープ切りたい。最後2つ順位を上げてゴール!フィニッシュテープって結構重いんだ。躓きそうになりながらゴーーール!種目別9位でーす!って言われたから入賞か?!と思ったけど入賞は8位までかーい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。