ナイキ エア ズーム ペガサス 34 Breaking2モデルレビュー


GT-2000の後釜として買ったナイキ ペガサス。今朝、キロ5'30〜6'00くらいのペースで10k走った感想を書いていくよ。


一言で言うと軽いGT-2000。クッション具合がとても似ている。一つ前のモデルを試着したときは、クッションがフニャフニャしていたけど、大分しっかりしてきたね。

GT-2000やズームストラクチャーくらいのクッション性になったように思う。

とは言えもちろん全く同じではなく、ペガサスは左右にフラフラする感じがした。これは多分ペガサスがオーバープロネーション用のシューズじゃないからだと思う。

GT-2000のソールは、かかとの内側が硬くなっていてそのせいで安定感があった。

でもそれも走っているうちに気にならなくなった。

それよりもやっぱり僕の足はワイドらしく横幅が窮屈な感じ。ちょっと横幅に余裕あった方が走りやすいんだよね。

ジョグ終わりに流し2本やったけど、早いスピードでつま先で走ってるとクッションはあまり感じない。GT-2000より軽い分少し走りやすいかな。気のせいかもしれないけど。

走った感じも今まで履いていたGT-2000と変わらないし、久々のしゃれおつなナイキのシューズで気分転換にもなっから良い買い物だったね。

ちなみに楽天のヒマラヤスポーツで¥9,990。

2017/7/24追記

20キロ走を2回ほどして改めて結論をまとめると、

GT-2000は安定性に優れているけど重い。ペガサスは安定性は劣るけど軽い。クッションは両者互角。

こんな感じ。

自分にとってクッション系のシューズは故障しないことが一番重要なので、ペガサスで問題なく走れるならペガサス。ペガサスで故障するようならGT-2000という選択になるね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。